読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~いけない恋にまっしぐら!ドラマ「タラレバ娘」第4話  ネタバレと熱―い想いは?~

~いけない恋にまっしぐら!ドラマ「タラレバ娘」第4話  ネタバレと熱―い想いは?~

 

 

主要キャスト一覧

鎌田倫子(吉岡由里子):売れない脚本家、独身、彼氏なし

 

鳥居小雪大島優子):居酒屋「呑んべえ」の娘

 

山川香(榮倉奈々):ネイリスト

小雪、香は主役の倫子の高校時代からの親友で女子会仲間

 

早坂哲郎(鈴木亮平):ドラマプロデューサー、倫子のAD時代の先輩、8年前に倫子に告白するもフラれる


KEY(坂口健太郎):金髪、モデル、 ★新事実 結婚経験あり

 

柴田マミ:20代の後輩AD

 

丸井(田中圭):サラリーマン ★新事実 妻子あり

 

あらすじ

倫子はKEYとの恋が発展することなく

ふつふつとした日々を送る。

 

香は彼女がいると知りながら、

ズルズルと都合のいい女として元カレの

セカンドとしてのポジションを確保。

 

小雪は、丸井と交際をスタートさせたものの、

温泉旅行をスッポカされ、実は子どももいて、

別居中と行っていた妻は、

実は妊娠中で里帰り中であることをSNSで知る。

 

 

このドラマの魅力について考える

タラレバって意外と視聴率がいいというか、

職場とかも含めて周りで観ている人が多くて

、原作者「東村アキコ」さんのファンとしては、

うれしい限りです!・・・となぜそんなに人気なのか、

その秘密に迫ります!

 

 

ドラマの高視聴率の要素って、

もちろんキャスティングだったり、

主演女優、男優の演技力も大切なのですが、

そのストーリーやテーマなどへの共感によるものが大きいと思うんです。

 

 

一昔前のこの手の恋愛ドラマって、

意外に女性でも社会的に成功をおさめている人や

安定している立場の人が多くて、仕

事ばっかりしていたから、

恋に臆病になっちゃって・・・・・。

 

 

のパターンで主役も会社で

安定したポストについていたり、

女医だったり、刑事だったり・・・。

 

そしたら、白馬に乗った王子様がやってきて、

すったもんだした末に、ハッピーエンド・・・・

 

みたいな展開が多くなかったですか?

頑張って勉強や仕事で成果を上げていけば、

いい出会いもあるし、

たとえ恋がダメでも仕事があれば女は生きていけるさ!

のノリが一時代を象徴しているかのようでした。

 

 

でも現実は、正規雇用の枠も減少する一方ですし、女性の貧困について深刻化しつつある。リアルな社会には一握りしかいないであろうドラマのヒロインを見て、わぁ、スゴイ!素敵!と夢ばかり追えない時代になってきているのです。

 

そこでタラレバ3人娘。

彼女達みたいな人って本当にリアルにたくさんいそう・・・

と思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

もちろん倫子の職業の脚本家とか、

KEYみたくモデルのイケメンが身近にいたり、

東京の居酒屋の一人娘とか、

ちょっと現実離れした設定はあるものの、

女としてはそこそこ可愛く、中の上だけど、

全く将来が見えずにもがいてる

アラサー女子って本当に多い気がします。

 

 

つい最近のヒットドラマ「逃げ恥」は、

そういった意味では新しい風で、

高学歴なのにも関わらず、

主人公のみくりは派遣社員という不安定な職業という設定。

 

でも彼女のお利口なところは、

自分なりにどう幸せをつかむかそのプロセスにおいて、

しっかり考え、悩み、パートナーとなる津崎と乗り越え・・・・

とそんな姿が、多くの共感と興味を集めたのかもしれないですね。

 

 

 

でもそれは、

みくりが高学歴故にとは言いませんが、

彼女の利口な点を持ち合わせていない、

どうしたらよいかすらも分からず、

自分自身の人生をアレンジできない女性たち、

うまく生きれない、その他大勢をタラレバ娘3人は

象徴しているのではないでしょうか?

 

 

だから、ドラマを見ていても、

そんなこと現実では絶対ありえないし!

といった類の嫌気がさすことなく、

続きが知りたくなってしまう。

 

夢を見たいだけの人には衝撃的かもしれませんが、

ただただいい恋愛をして、幸せになりたい・・・

 

でも理想と現実の狭間で苦しむ。

そんな彼女たちの生き様ってリアルが故に

その展開を知りたくなってしまう。

そこにこのドラマの最大の魅力が

隠されているのではないでしょうか?

 

 

 

女の友情について

いつも仲良くつるんでた3人組も、

今回の第4話で初めて仲たがいをしてしまいました。

仲がいいからこそ、

相手の欠点やダメなところをズバリ指摘しちゃう。

 

またそれが的を得てるが故に、

相手の怒りをかってしまう。

 

昔の写真をみて反省し、

倫子は謝りに行こうとするシーンが印象的でした。

仲がいいからこそ、素直になれない。

 

こういう時の同性同士の仲直りって簡単そうで、

実はすごく難しいんですよね。

 

むしろ、彼氏や異性とのケンカより手ごわい。

今回は、ちゃんと修復できて、何よりホットしました。

 

 

言いたいことをぶつけ合えるって年を取ればとるほど、

なかなかそんな相手に出合えないもの。

自分のことも相手ものこともよく分かってる、

理解し合える。そんな古くからの友情は

大事にしたいものだなぁと改めて感じちゃいました。

~遂に小雪までも?!恋の歯車が一気に回りだしました!ドラマ「タラレバ娘」第3話ネタバレと辛口レビュー~

~遂に小雪までも?!恋の歯車が一気に回りだしました!ドラマ「タラレバ娘」第3話ネタバレと辛口レビュー~

 

主要キャスト一覧

鎌田倫子(吉岡由里子):売れない脚本家、独身、彼氏なし

 

鳥居小雪大島優子):居酒屋「呑んべえ」の娘

 

山川香(榮倉奈々):ネイリスト

 

小雪、香は主役の倫子の高校時代からの親友で女子会仲間

 

早坂哲郎(鈴木亮平):ドラマプロデューサー、倫子のAD時代の先輩、8年前に倫子に告白するもフラれる


KEY(坂口健太郎):金髪、モデル、

 

柴田マミ:20代の後輩AD

 

★新登場 丸井(田中圭):サラリーマン 妻と別居中

 

あらすじ

 

倫子はKEYと寝たものの、

彼に自分がどう思われているのか、

どう接してよいのか、次の一手にひたすら悩む。

 

また香も同じく元カレの同棲している彼女の存在を知りながら、

ズルズルと気持ちを引きずる。

そんな中、

小雪に新たな運命の出会い!と思える人物が新登場するも、

結婚し今は妻と別居中であることを告げられ、

さぁ!どうする?!続く・・・・

と遂に3人揃って恋のリーチがかかりました!

 

 

そもそもお前ら何歳や?!

やっちゃったはいいけど、

その後の対応に戸惑い・・・ってコラ!

女子高生か?!

 

「何か~、勢いでそうなっちゃったけど・・・、私、好きな人いるし、やりたいこと他にもあるし・・・」か「私なんかどうなってもいい!大好きだから!」みたいな平成の女子高生くらいのノリがない以上、そんな簡単にやっちゃうもんじゃありませんわよ!

 

 

 

そしてお前もか?!小雪

不倫と一言に言っても、

大体3タイプに分かれると思うんですよね。

  • 『人のものと分かると奪いたくなる』といった特異な性癖、性質をもった一部の「不倫をあえて選ぶ」派
  • 『好きになった人がたまたま所帯持ちだった』と「後から知ったが、もうどっぷりはまって手遅れ状態」派、
  • 『奥さんがいるのは知ってたけど、気づいたら好きでしょうがなくなっていた』と「不倫確信犯であり、自制不能状態」派

 

1はともかく、

大抵は不倫なんてするもんじゃないなんてこと社会通念上

、大多数の女性は心得ていて、

損得勘定抜きでの恋愛に至っては、

理性がきかず、そのままズルズルといってしまうパターンですもんね。。。

 

小雪の場合、2と3の微妙なラインってところでしょうか?

 

きっかけは何であれ、

彼女が今後どうこの出会いを発展させていくのか・・・・

この恋が成就するのか・・・必見です!

 

 

それにしても・・・

何でこう揃いも揃って、

最初から低空飛行でいこうとするのか・・・。

 

本名を知らない、

相手が自分をどう思っているかも分からず

とりあえず酔った勢いでやっちゃう、

 

出世した元カレに懐かしさを感じ、

彼女がいると分かっていながらもとりあえずやっちゃう、

奥さんがいると最初に告白されているのに心揺れる・・・・

 

3人の共通点、ずばり「成就する見込みが薄い、

不幸好きとしか言いようのない恋愛の選択」

自分では選べない、

だから来るもの拒まず・・・的なスタンスなのでしょうか・・・、 

 

それなのに、

だからこそなのか恋のハードルがある意味

グーーーンと高いものに挑んでしまって、

自分自身も気持ちが追い付かず、

 

頭が整理できずにトチ狂う。

 

小雪は最初から一目ぼれに近い状況で

自分が好きになった人という点では

違うかもしれないのですが、

現実的にもここから

1年、2年後に結婚でゴールイン!は3人とも確率的に

かなり低いシチュエーションですよね。

 

 

じゃあ、彼女たちは、

とりあえず男あさりというのでしょうか、

遊びで割り切った肉体関係や恋愛を楽しむほどの

器量やその類の願望があるかといえばそうではない。

比較的真面目でまっすぐな性格、

 

それでいて自身の将来に危機感ももっている。。。

一体どうしたいんだよ!?

 

再登場の倫子の妄想キャラクター

「タラ」と「レバ」が痛烈にツッコむシーンにもある様に、

彼女たちもヤバい橋を渡りはじめたとは分かっているハズ。

 

さぁ、この夢見る少女じゃないくせに、

相手がどうにかしてくれるかも!といったほのかな期待と、

そんなに現実は甘くないと悟りもあり、

それが故に傷つきたくない、・・・

けど恋に胸キュンしちゃう・・・

この複雑なジレンマに3人はどう立ち向かうのか?!

 

 

ところで・・・

このドラマで小雪を演じているあの元AKB48大島優子さん。

あまり今まで女優さんとしては関心はなかったのですが、

今回、原作マンガを見ているせいか、

実写版のキャスティングで彼女が登場人物の中で

一番しっくりくると感じるのは私だけでしょうか?

 

 

とてもイメージに近い風貌で、居酒屋の娘役としても、

サバサバした男っぽいキャラクターも、

演技力なのか、ドラマを見ていてすごく自然にはいってきます。

 

 

一つ結びの編み込みに眼鏡といったトレードマークも、

別に流行ったこともないのに、清潔感がありながらも、

カジュアルに大人の女性らしい雰囲気を漂わせています。

 

これが一つではなく、

二つ結びの編み込みであれば、

戦後といった感じでガラリと変わってくるでしょうし、

眼鏡なしだと物足りないというか、

アナ雪のエルサというか・・・・

この絶妙な組み合わせ、

ロングヘアならぜひ試してみたいですね。

~さっそくジタバタしてきました!ドラマ「東京タラレバ娘」第2話のネタバレと辛口レビュー?~

~さっそくジタバタしてきました!ドラマ「東京タラレバ娘」第2話のネタバレと辛口レビュー?~

主要キャスト一覧

鎌田倫子(吉岡由里子):売れない脚本家、独身、彼氏なし

 

鳥居小雪大島優子):居酒屋「呑んべえ」の娘

 

山川香(榮倉奈々):ネイリスト

 

小雪、香は主役の倫子の高校時代からの親友で女子会仲間

 

早坂哲郎(鈴木亮平):ドラマプロデューサー、倫子のAD時代の先輩、8年前に倫子に告白するもフラれる


KEY(坂口健太郎):金髪、モデル、

 

柴田マミ:20代の後輩AD

 

あらすじ

      

哲郎、マミカップルからもらったチケットでライブを見に行ったところ、

偶然香(榮倉奈々)は元彼リョウと再会する。

 

 

売れないミュージシャンだったリョウが、

今や有名人となったことを知り、再会を喜ぶも束の間、

現在の彼女に出くわす。その存在を知りながらも、

リョウに誘われ家に行き、共に一晩過ごしてしまう。

 

 

脚本家の倫子は、別の若い脚本家の作品が採用されてしまい、仕事を逃す。

枕営業かと思い、後までつけたが実際はそんな事実がなく、

実力で負けた事実を目の当たりにする。

 

 

やけになり、居酒屋で一人酔いつぶれた

倫子をKEYが家まで送りとどけることになり、

そのまま二人で一夜を明かす。

 

 

まとめると・・・

仲良し3人組の一人である香は愛想をつかし、

昔捨てた男に再会し、逃がした魚はデカくなっていた状態で、

別れたことを悔やみ、彼女の存在を知っておきながら、

一夜を共にしてしまう。

 

 

倫子に至っては、仕事を若い子に取られ、

居酒屋で飲みつぶれてしまい、

送ってもらったKEYと一夜を共にしてしまう。

さぁ、やらかしてしまったもののこの先どうすれば?!

 

続く・・・・と主人公たちの局面が見え始めてきました!

 

このドラマを参考に、

あともう一歩の悟りの世界を開けば、タラレバ娘は絶滅するかも?!

 

 

回転寿司に行けば、

いい男が皿に乗ってまわってこないか、

何て妄想までもしてしまうほどの崖っぷちぶり。

 

あぁ、出会いって大事なんだなということを

痛感させられるシーンと思いませんか?

 

 

よく出会いがないだの、

男運がないだの嘆いている女性って多いですが、

実はそのチャンスを自らフイにしちゃったりってこと、

結構あるあると思うんですよね~。

 

で、なぜかそういう人達の共通点は、

『そのことに気付いていない。』ところ。

 

だからいざ出会いのチャンスを掴んだとしても、

自分の運の悪さのせいにしたりすることで機会を逃してしまう。

 

 

学習能力がないのか?!

とツッコミたくなるのですが、

このタラレバ3人組は、その自覚がはっきりとあり、

それが故にただただ過去の自分を悔やむばかり・・・

 

 

そんな彼女たちの姿は、

今の若い世代の女の子たちの将来像であり、

少しでもこのドラマが戒めになると、

将来のタラレバ娘予備軍を減らせるのでは。

と考えてしまいました。

 

そんなこと、若いうちに誰も教えてはくれないし、

考えもしないものですもんね。

 

しかーし、そんなタラレバ娘3人にも言いたい。

まだまだ悟りがたりていない!

 

 

そもそも、女同志でしょっちゅうつるんで、

美味しいもの食べて、酒飲んで、うっぷんを晴らして・・・

そんなヒマがあるなら、

今その瞬間のお前らにも、

もっと出来ること、

しなきゃいけないことってあるんじゃないの?と

KEYばりにツッコミたくなる衝動に駆られます。

 

 

 

例えば主役の倫子。

「自身の恋愛にブランクがあり過ぎて、

若い子の胸キュンな恋愛観を書けなくなっている。」

とか言って自分を憐れんで、酒を飲むヒマがあったら、

仲良しこよしの飲み会だけじゃなくて、

マミちゃんという恋愛している若い女の子が身近にいるんだから、

そんな子の話を聞いてみるとか・・・

 

実体験で無理なら、そのニーズを探るべく、

プロならリサーチすべきだろ・・・。実力がたりないだけでなく、

努力もまだまだなんじゃ?なんて思ったりもしちゃいました。

 

「仕事は頑張れば手に入ると思ってたのに」・・・

これも甘い!努力だけじゃどうにもならないし、

もちろん運やタイミングも大事な要素だけど、

どこをどう頑張るか、

そのプロセスによって得れる結果が

違うってことも悟れーーーーーーーーーーと言いたい。

 

 

アラサー独身女性の取り巻く厳しい現実が

描かれている点がこのドラマの魅力の1つ。

 

ひとつの教訓として、大いに役立つ?!

役だたせるのは自分次第なのか?!と思いつつ、

これからの展開に目が離せません。